FC2ブログ

マゾヒストからの視点【第2章】

この部屋は私の思ったこと、感じたことを個人的な意見で綴っていますので、誹謗中傷は一切お断り致します。ですから私が不快に感じるコメントは勝手に削除させて頂きます。


封印。。。

  1. 2017/04/16(日) 13:11:14_
  2. 主のこと
  3. _ comment:5
昨日、定例のオフ会に行ってきました。
最近は毎回新しい方も来てくれるようになり縛りの方も盛り上っています♪
でもその代わり…
主の事を知らない人も増えてきた。
当たり前ですけど…。

そして時間の経過と共に皆んなの中での主は良い思い出にとなってきて
雰囲気も落ち着いてきた。

なのに…
私の中では主とのことは良い思い出に変化をすることなく
逆に辛い思い出になっている。


帰り道

いつも以上に辛かった…

いつも以上に淋しかった…




主と良く交わしていた会話のひとつに
『わしほどお前を満足させる責めを出来る奴はおらんぞ。
わしがおらんなったらあとはサイさん位しかおらんぞ。』
『いやいや、サイさんはジャンルが違い過ぎます(笑)』
などと毎回のように交わしていた会話

確かに…
あなたほどの人はいません。
SMだけでなく人間的にも。


だからこそ…つらすぎます。

私にとってSMの話しをすることは。


以前の相手との別離のときは
私は貪欲だった。
もっと鞭を、
もっと蝋燭を、
もっと、もっと
と満たされない身体を持て余し
新たなもの求め続け
主に辿り着いた。

ご存知の通り主の責めはハードでしたが、
私達の嗜好は強度は違えど合っていて
主の責めに嵌っていった。

それと同時に人間的に大きな主に
精神的にも嵌っていった私には
計り知れない快楽を味わうことが出来た。

あの快楽を知ってしまった今
主しかいない。
私を満たすことが出来る人は。。。


新たな一歩を…
と考えたこともあったけど
私にとって、SMは主そのものなのだ。

なので
私のM性を封印することにした。

もちろん
M性は無くなることはないだろう。

でも
この世界に入る前の私に戻るだけのことなのだ。

なので
妄想はいつまでも続くだろう。

それでいい。




最初から
『お前がわしの最後の女だ。』
何度もそう言ってくれてた。

卒業を目の前にしていた私は
『私もご主人様が最後の主です。』
と何度も言った。

病気が分かったとき
『本当にお前がわしの最後の女になったな。』
そう言った主に
何も言えず
ただただ泣きじゃくった。


だから

いま

主に伝えたい

『私にとってもご主人様が最後の主です。』

と…。




DSCF8127.jpg

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!


叶わない願い。。。

  1. 2017/04/05(水) 00:18:21_
  2. 主のこと
  3. _ comment:5
どんなに願っても

幾度となく唱えても

叶わない…



この願いを叶えるため

この想いを届けるため

何に祈ればいい?

何をすればいい?



どんなに足掻いても

どんなに泣いても

何が起ころうとも

決して届くことはない

想い







どうすればいい?









おねがい…








おねがい…








あいたい…











区切り。。。

  1. 2017/01/05(木) 00:02:19_
  2. 主のこと
  3. _ comment:1
このままではだめだ

何処かで区切りをつけなくてはいけない……

そう思ってはいるけど

こころ空回り

気持ちと身体は1つになれない



今年はもう泣かない

主を想い笑おう

と頑張っても

3日と持たなかった



一歩を踏み出すこと

その一歩が

私には難しい



こころ寂しくて

そこにあるものにすがりつこうと

手を伸ばす

残るものは虚しさだと

分かっていても

すがりつきたい



ほんの少しの時間でも


誰かのぬくもりを感じていたい



誰かに

強く強く

抱き締められたい




ほんのひとときでいい



この悲しみを忘れたい……



この現実から逃れたい……




20170104145148660.jpg









いま思うこと。。、

  1. 2016/12/18(日) 10:10:56_
  2. 主のこと
  3. _ comment:2
私はずっと逃げ出したかった……

3年前に主が入院したときから
私が漠然と感じていた不安

今主が私の前から居なくなることに
耐えることが出来ないと感じていたから

この日を迎えることに怯えていた

だから

私は日常に逃げようとした

普通の彼氏と普通の恋愛をし
普通のセックスをしようと思った事があった


その時

主は私を止めなかった


ノーマルならいいよ

ただ……SMはして欲しくない

と言った


結果的に
その言葉が私を主のもとに留まらせた


いや

その時を境に

私達の心はより深く繋がった


それは私たちだけにしか伝わらない想い

主からの愛の深さを感じた



主はいつも私の事を大事にしてくれてた

私の思いを優先してくれてた


どんなときも

どんなものからも

私を守ってくれた



本当に大きな人だった



だから


ずっと


ずっと


恐かった


主が居なくなることが……




それは必然なことなんだろうけど


この日を


迎えたくなかった





きもち

壊れてしまえ……



なら



楽になれる……



20161218095959c2a.jpg



記憶。。。

  1. 2016/11/23(水) 12:15:48_
  2. 主のこと
  3. _ comment:5
きのう…

主が旅立ってから初めて泣かなかった……


それは


ずっと、ずっと望んでいたこと


でも……


その日が来て初めて知る思い


初めて芽生える感情




いやだ…




時が移りゆくたびに

だんだん

泣かない日が多くなっていくのだろうな

少しずつ

主のことを考えなくなってくいのだろうな




いやだ…




私の中で主が記憶となることは嫌だ




それは絶対にいやだ…





だったらずっとこのままでいい

苦しくても悲しくても

しんどくても……




このままでいい。。。




わたしは主と共に生きる…




そしてこれからも


二人の想い出をつくり続ける…


いや


作り続けていきたい……



20161123121132de8.png








NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>



プロフィール

美咲[さき]

Author:美咲[さき]
主に飼われるようになりもう5年。
でも。。。
主はもう1つの世界に旅立ちました。
私は今何を思うのか…。

デフォルトカウンター

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム